So-net無料ブログ作成
検索選択

オオカミの誘惑 [映画]

オオカミの誘惑 デラックス版

オオカミの誘惑 デラックス版

 

 

衛星劇場で放送がありました

カンドンウオンの可愛い笑顔におもわずニヤリ、お初の彼もかっこよくて、、、

18歳の女性のインターネット小説が原作とか、高校生のお話です

韓ドラおきまりの三角関係、出生の秘密、難病、がありちょっとひきましたが、なにせイケメンのかっこよさで充分楽しめます。

ヒロインはほんとに美人でもないのに、二人のイケメン高校生、二人ともケンカも強くて、モテモテ男なんですが、その二人に殆ど同時に好かれて、、、

ありえなーーーいっていうような展開なんですけどねえ

カンドンウオンがとにかく可愛かった、、、、ってこればっかり、、、、

 

 

 


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

大統領の理髪師 [映画]

衛星劇場で放送がありました。

突然大統領閣下の理髪師になった父の事を息子の目線でという様式で描いてます。

ネタバレです

政治に無知な市民が巻き込まれていく様子はユーモアというか、そんな馬鹿なというような展開です。

マルクス病が流行していて下痢をすれば、共産主義とみなされ逮捕、拷問、、、

そのせいで息子を警察に差し出した父、その息子は拷問に耐えて戻れたのですが、歩けなくなってしまう。その息子を必死な想いで漢方、鍼、仙人の所まで、おんぶして、冷たい川の中も裸足で、、、

そこで言われた事「竜の目を削って菊の花と煎じる」、、、そんな事出来ないとあきらめて、松葉杖にした息子。成長した息子。

閣下が情報部長に暗殺されました。

その時閣下=竜、竜の目というので、私は遺体を傷つけるのかと思いましたが、そんな事出来る?銃殺だよと思ったのですが、大違い、、、

息子が歩けるようになるのです。最後は心が温かくなる音楽と映像で終わりました。

当時の映像とコラージュさせてたり、なかなか面白い出来です

まさに豆腐一丁というお顔のソン・ガンホ、小市民の父親の味がいいです。

理髪店の店員役、リュ・スンスどこかで見た顔、、、うーーんと思ってたら冬ソナの彼だったのね。

★★★★☆


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

クリスマスに雪がふれば ★★☆☆☆ [映画]

A Happy New year!

新年最初の記事です。

年末年始は家族が揃い、初孫にハートを持って行かれつつ、家族の胃袋を満足すべく大忙しでした。日常はMy Diary on Webに書いております

このブログに韓ドラの感想を書き始めて1年経ちました。今年もぼちぼちマイペースで書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

見て直ぐアップ出来るといいのですが、力不足でそうはいきませんが、ここで色々お話出来るのをワクワクしながらアップしています。ですからどうぞコメントを残して下さいね。

私の周りで生トークができる仲間は極限られています。あるおけいこの場だけです、、、。ですからここでお話できる事がとても楽しみです♪

そんなこんなで皆様如何お正月をお過ごしでしたか?

クリスマスに雪が降ればさて年末に衛星劇場で放送されたパクヨンハ祭りの映画を昨夜見ました

ヨンハが先ず笑ってしまいました、ふちなしメガネのオールバックでいかにもという男で、、、この映画ヨンハの映画デビュー(1998年)なんだそうな。しかしこの時幾つ?今の方がかなり可愛いです、きっぱり!

ヒロインはガラスの靴のヒロインでしょうか?歯茎が見えすぎ、、リップ塗りすぎでこわーーーい時もあり、、、

ウオネ様が警官で登場?

子役は天国の階段のユリの子役?

ネタバレです。

☆。クリスマス。約束。住む世界の違い。韓ドラの純愛世界そのものですね。

あの「男の子」が未来の子供だなんていうオチ!こういうオチってあのビョンホンの「誰にでも秘密がある」も同じで、こういうオチが好き?なのでしょうか?というかパ○リ?

幼稚園の園児が皆大きすぎで、、、学童保育かと思いました、、、

 さらりとほんとにさらりと見ました、つまり感動もさらりと、、、


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『4月の雪』を見て来ました [映画]

ドキュメンタリー四月の雪 ペ・ヨンジュンに魅せられて
 
ヨンジュンファンとしては見なくては、彼があんなに苦悩して撮影した映画ですから
ホ・ジノ監督の映画、8月のクリスマス。春の日は過ぎ行くを見ていました
ホ・ジノの手法に免疫を持っているはず、、、

今回のはネットで見た映像が次から次にああーここも見た、そこも見たってかんじでした
全編通して台詞は少なく表情で読み取る訳です
ヨンジュン氏ではなくインスが、照明技師インスそのものがいました
しっとりとした出来でした
観客の心をわしづかみとかではなく、淡々と過酷な状況からインスとソヨンが心を通わせることで立ち直って行く様子を描いているような、、、
★★★☆☆

ヨンジュン氏のメガネは必須なんだけど横顔の時に表情が読み取りにくいんだなあ
4月の雪にしては大雪で、、、
携帯電話で2ショットはauのCMを連想するんですよね。
徹子さんもしてたけど、、、
ベッドシーンは2回あるのだけど、きれいですヨン
ソヨンの夫役は冬ソナのヨングクだったのだけど、台詞は不倫相手デジカメの映像の中で「撮るなよ」って言葉だけで、後はベッドの上で寝てるだけ、、、なんか気の毒、、、


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

誰にでも秘密がある [映画]

誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン
 
wowowで放送がありました、昼間に「純愛中毒」もあったけどTBSチャンネルの「バリでの出来事」の集中放送を録画してるので見れませんでした、、、トホホ、、、再放送を期待してますから

当時かなり宣伝されてました、映画館へ足を運ぶ事をしませんでした。ビョンホンファンでないからというより韓国映画に足を運んだ事がない私です。でも「4月の雪」は行こうかな(^_^)

★★★☆☆

始まって直ぐ韓国映画にしては露骨な会話で品がなくちょっとひきました。

美しい3姉妹とかなり不細工な弟の設定もなんだか、、、、

3姉妹にたくみに急接近してあっという間にそういう事に陥るスヒョン役のビョンホンです。ビョンホンファンにはたまらないでしょうね。それぞれに自分をあてはめて見れるから、、、

そんなのあり?なんでそうなるの?って思いながらも楽しみましたわ

終わり方が韓国版とは違うらしい。

この終わり方も唐突で驚きでした

亡き父が子供達に恋の指南役としてスヒョンを送りこんだわけ、、、まんまと成功したというオチですか。

ビョンホンファンはこんな軽いタッチの映画も楽しめていいね、、、ほんとに色んな姿を見せる事の出来る役者やのう、、、


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

wowowで「誰にでも秘密がある」を [映画]

9月4日にイ.ビョンホン氏の『誰にでも秘密がある』の放送があるんですって
この作品って去年公開ですよね
私はビョンホンファンではないけど、楽しみです
更に『純愛中毒』も同じ日にあるようでーーーす♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

我が心のオルガン [映画]

衛星劇場で放送がありました

我が心のオルガン
★★★★☆
イビョンホンの1999年の作品
チョンドヨンが小学生役です(17歳だけど遅れて進学)当時26歳なんですって(○_○)
チュンサンオンマ@冬ソナが母役です。すっかり田舎のオバサンです
昔懐かしい田舎の小学校に赴任した新米教師の恋?教師としての挫折、生徒の片想いが四季の中で綴られて行きます
ラスト 生徒との別れは胸キュンです。そして贈られたLPと告白日記。
あの日記を読み返してカン先生はきっと、、、
あの写真はあの二人が結婚したのよね。ビョンホンの顔ははっきり分かるけどドヨンのほうが?
ほのぼの路線で韓国映画ではめずらしい?
田代親代さんが言ってました。恋のお相手役の女優さんイ・ミヨンはキム・スンウの元奥さんだって。きれいな人です。へえーーーです。
ビョンホンファンではない私ですが、ビョンホンファンにはオススメです
生歌が聴けます♪
撮影の年に亡くなった父のブレザーをおめかししたという場面で着ています。なんか度派手なブレザーでびっくりしましたけど、、、


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

ブラザーフッド [映画]

ブラザーフッド プレミアム・エディション
wowowで放送がありました.★★★★★
 
見たいような見たくないようなおもいでいました。戦争シーンがむごそうですから、、、
 
がんばって見ました
 
 
兄弟愛の深さにもう涙がとまりません。
戦争さえなければという事につきます
一つの国内での戦争です、同じ民族、共通言語なのにお互いをののしりあうってもう辛すぎです。
赤狩りというのもお互いを疑心暗鬼になっていく様子も恐いです
38度線は今も警戒が必要なラインです
 
ドンゴンの大きな目が印象的です、共産軍に寝返って髭をたくわえた姿はもう秀逸です。
ウオンビンのいかにも守って上げたい弟像がぴったりきます
 
最後に兄は亡くなったと思っているので弟と気づかずとことん殴り合います、やっと気づいた兄弟はしっかと抱き合います、もう涙涙涙、、、、
兄はかなり傷ついていて弟に逃げろと、亡くなったと思った時に拾った弟の万年筆を渡そうとしますが、きっと持って帰って来てくれと弟はもらわないで一人逃げます、兄は最後の力をしぼって共産軍に向けて機関銃を撃ち続け援護をします、、、、そして倒れます
 
靴職人だった兄は弟のために靴を作って隠してありました。復員して押し入れの中に見つけ涙です、もう涙しかありません
兄の婚約者役は先日自殺した女優さんです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

菊花の香り [映画]

衛星劇場で放送がありました


★★★☆☆

大学のクラブの先輩であるヒジェを片想いのイナ。
海で溺れそうになったヒジェを救って介抱してあげ、その時思いがこうじてキスをしてしまったイナ、最初に電車の中で会った時に菊の香りがしたと告白ましたが、あっさりふられてしまう。
傷心のまま入隊、その間にヒジェは婚約、しかし両親と婚約者を交通事故でなくしてしまう。
ヒジェへの想いを持ち続けラジオプロデュサー(サンヒョクと同じだ)になったイナは自分でヒジェへの想いを投稿し放送する。その事を知った友人のジョンナンはヒジェに知らせるが、聞く耳を持たない。
しかしヒジェの好きなヨーグルトを門の前に積んでやっと告白するイナ。
ここで母が出てきてヒジェを説き伏せるのが、、、なんだかなあ、母親が又ユジンオンマです
イナに押し切られて結婚みたいなかんじです。
クッション投げをしてやっとヒジェに笑顔が出たという位な結婚生活
3年して妊娠して喜ぶ二人
イナの産着が母から送られてきます
韓国ってほんと産着が意味ありです
しかしヒジェは癌に侵されていました
友人の産婦人科医にイナに内緒にと
夫に内緒にするっていうのがラストプレゼントでもありました
夫に内緒ですむ事ではないと思うのですが、そして夫は知ってしまってもその事を告げないというのも同じ
紙の国というペンネームで癌に侵された母の独白の投稿
この二人はお互いを直にぶつける事を避けるかのようにラジオ放送を利用するのです
仕事を休んで休暇をとり二人であの秋の童話の廃校へ行き最後の時間を過ごします
赤ちゃんが産まれたらミルクをやってね、おしめもかえてね、お風呂も入れてね、予防注射も連れていってね、字も教えてやってね、とオイオイそれって自分がいなくなるって言ってるようなもんじゃないか。
娘への童話を手作りして、自分は愛してると1回しか言えなかったけど、パパを愛してると何度も言ってあげてと
そして出産
帝王切開で産まれます、麻酔をしてないような?突っ込んでしまいました
赤ちゃんを抱いたイナを一目見て亡くなります
子供が絵本を読んでいるシーンで終わります

友人の産婦人科医はイナが好きだったていうのが?
原作はイナがかっこいい出来る男だそうです、しかし映画では平凡な男になっていて産婦人科医が好きになるっていうタイプではまるでないし、、、地味な男なんですよお

展開が淡々としていてさらに先が見えるのでウーーーン?でした
悲しいお話だけど、泣けませんでした



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

ラストプレゼント [映画]

video録画を見ました
イ・ヨンエ、イ・ジョンジェ、主演です
『チャングム』、『パパ』のイ・ヨンエ
どこかで見たと思ったイ・ジョンジェ 『情事』で見てました
この時は暗ーーーい男でしたが今回はコメディアンってギャップが?
といってもさんまのような地のお笑いじゃない普段はやはり暗い男でした

笑いと涙をどうぞっていうストーリーですが
夫婦愛がテーマですがなんか2人共その生き方は違うんじゃないって、、、素直に涙が出ません
韓国のお笑いの世界を見てへえーーーって、しかし暴力が平常に行われてる事にかなりひきました

冬ソナのキム次長が詐欺師役で出ていて独特の存在感ありでした


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。