So-net無料ブログ作成
火花  完 ブログトップ
前の10件 | -

火花 31,32話 [火花  完]

31話 静かなる日々

ジョンヒョクは辛そうです、お酒で紛らわせたりしてます。世間には秘密ですから。

カンウクは父にこっぴどく殴られます。そりゃあ、父になんの説明もしないで母にユジンの世話をさせてるのが、筋が通らないわ。兄まで叱られて気の毒な、、、

ジヒョンはワンルームで読書して脚本書いて、友達呼んでパーティーです。

カンウクの母とミンギョン叔母のののしりあいも凄いです。

32話 私を愛してる?

この副題を見ただけでもうやっぱりの結末です。

今回全編早送りで見ましたとも。

お約束の1年後です。ヒョンギョンの結婚式です。婿の髪の毛がワカメを頭に載せたみたいで、、、なんかこんな話見たくもないというサイドストーリー。

ジョンヒョクがその結婚式に来てジヒョンとお茶をします。離婚が成立して4ヶ月と何日とか言うのです。ジヒョンのほうはすっかり仕事復帰してドラマの放送が始まるとか、

カンウクは日本へ行ったり来たりしている。

ユジンが1歳半位なのでしょうか。日本から帰国したカンウクと食事するミンギョン。ユジンに会わせてと。母はいい顔しないが、会わせてもらいます。

そしてカンウクにジヒョンが離婚したという記事が出た、実際は数ヶ月前のようだと伝えるのです。驚くカンウク。しかしジヒョンが会いたくないと思っているのかもと、自分からは連絡しない。このカンウクはほんと消極的、優柔不断なのです。そんなカンウクにミンギョンはしつこく連絡したか?と聞いてくるのです。ああーーーうざい女です。

ジヒョンの方がユジャからカンウクが離婚していたことを聞いて直ぐ、電話するのです。ソウルから4時間離れた所にいると聞いて「待てない」、と車を走らせるジヒョン。「私を愛してる?」「死んでも愛してる」とか言いながら、お互いすごいスピードで高速を走って(おーいその車はジョンヒョクからもらった車じゃん)、、、、海辺で車が停まる所でTHE END

この二人、どうです?

ユジンをジヒョンが育てられますか?できっこないと思います。

仕事を始めてすごい自信満々。日本のドラマのコピーをしろと言われ断り、融通のきかないジヒョン、、、

こんなジヒョンがユジンの子育てなんかできないしょ。

旅先でのたった1日の火遊びで相手の何を知ったというのでしょう。それを真実の愛の相手だと錯覚して周りの人を不幸にしまくって、あげく、、、離婚後1年で燃え上がる?しかしこの二人は結婚はできない?年老いた母にユジンを育てさせ、恋愛するという選択肢しかない?

なんだかこの結末ものすごく安易で、、、長い割になんだかなあ、リタイアしそうだったけど、なんとか見届けたのに、、、やっぱりで、、、、

イ・ヨンエだから見届けたんだけど、、、ジヒョンの人間としての道があまりに勝手で、そんなジヒョンが果たしてカンウクのような男と暮らしていけるとはどうしても考えられない。

今度始まるホジュンに期待しようっと。

 


火花 29 30話 [火花  完]

元旦に放送があったのにHDDに録画できなかった事が判明したのは3日、慌てて昨日、今日の夕方放送を見ました。夕食の準備しながら。昨日は録画できずで、今日はDVD-RWに直接録画しました。

29話。サブタイトルの記憶がありません

浮気ではなく、出会うのが遅かったと言ったカンウク。「離婚したらダメ、復讐するのよ」という叔母。母は絶対反対です。妹とは異父姉妹だったのですねえ。

ミンギョンの子供の頃再婚したそうで、ユジンを同じ目に遭わせないでくれと。

ジヒョンが実家に電話した時(ハンサングンの言葉とは思えない、当たり前でした。)「あなたのせいで家の中はボロボロ、皆楽していると思ってるの?」ときついお言葉。義姉にしたら何贅沢言ってるのよという思いでしょうね。

カンウクは今週で病院を閉める、マンションはミンギョンに、きれいに別れたいからと男の責任のつもりでしょうか。

ジョンヒョクがあの男のおばから電話があった、まだ続いていたのか?」馬鹿正直に説明するジヒョン。思わず平手討ちです。「あいつとのための離婚か?」

カンウクはとうとう母に他に好きな人がいると話します。これもそんな事馬鹿正直に言わなくてもいいと思うのですが、、、嘘も方便です。老た母に、、、

30話 ルールの終焉

ジョンヒョクが父に一人で離婚の件を報告します。事後処理係です。父は怒りまくりです。息子を責めます。小さくなって聞くしかないジョンヒョク。王室でも離婚する時代って英国の事ですか?

姑もジヒョンをぼろくそです。

カンウク母はミンギョンに「どうか子供のために我慢して欲しい」と頼みますが、きっぱり断るのです。嫌いなわけじゃないとユジンを抱いて泣くミンギョンです。乳飲み子と別れるなんて出来ないよ、、、、ミンギョンなら出来るね。母性愛が全然無かったもの、、、

子供の件で離婚したという流れを作るという事に、「何時でれる?」とその事ばかり言うジヒョン。少しはジョンヒョクの苦悩を思い遣ってよ。

姑に「気に入ってたのに、嫁に恵まれたと思っていたのに、、、あなたはそんなにえらいの?何様なの?許せない」と言われます。そうですよねえ。

ジョンヒョクがジヒョンを送り届けます。両親に「君が好きだった」「もったいない婿だった」と

「離婚が成立するまで他の男とは会うな」と最後の頼みを言って帰るジョンヒョク

ジヒョン借りたワンルームで生活する事に、あのジョンヒョクからもらった車で。パーマをかけて心機一転。罪悪感を感じるジヒョン。感じなかったらオカシイよ!

ミンギョン母が脳出血で倒れてしまいました。

2組の離婚までをこれだけ懇切丁寧に描いたドラマも珍しい?

後2話で終わります。どうなるの?


火花 27、28話 [火花  完]

27話 別れる約束
ヒョギョンの借りたワンルームを探し当てたジョンヒョク。
目を見開いたまま斜に構えて話し続ける姿にプライドをズタズタにされ悲しく哀れな男を演じきっていると感心!
あまりに突然な仕打ちだ、周到な準備をしていたと怒るジョンヒョク
それは違う、退院して戻った時
「忙しい人の邪魔をするな」と姑にいわれた「仕事の数時間より価値のない人間なの?耐えられない、自分に戻りたい」
「僕の心の準備ができていない。過ちだ?事後処理係ではない。親に一生分の嘘をついた」そうねえ嫁を取り繕うために今迄そんな事したことない一人息子だもんね。
「二人の合意が必要だ、長くて1ヶ月何もなかったように振る舞ってくれ」
そういってジヒョンのベッドで寝てしまうジョンヒョク、、、、寝てる場合か?
戻ったら離婚する約束で朝、実家から戻ったようにして帰宅

ジヒョンの友達がジョンヒョクを訪ねて、ジヒョンの立場がない事を説明します。
カンウクからはメールが、でも返事はしません
ジョンヒョクはめずらしく早く帰宅します。姑は兄の看病のため留守。
床に寝るというジヒョンに対し、「一切触れないから、君はそんなにセクシーじゃないからな」

28話心の清算
カンウク達は病院の看護婦達と旅行に、カンウクがジヒョンに電話「心配だ,何かあったのか?いつでも駆けつける』耳ダンボのミンギョンが!
ジョンヒョク「もう一度チャンスをくれ、仮面夫婦でもいい、断られる覚悟で率直な気持ちを言った。未練がある」
「自分の存在がない24時間が耐えられない」
「あの男との再会を夢見てるのか?」
「彼は子供もいる」
胃が痛くて寝込むジョンヒョク。「こんな姿を見るな」、もうほんとにしょげているジョンヒョクに同情します。

ミンギョン旅行をとりやめ先に帰ると言い出します。
ユジンを預けたまま、明日までと言ってあると
「ずーっと連絡をとってたの?心が痛むの?流産した頃に会ったのね。憎くなった。小言ばかりでいや。ユジンはあなたの子、私はいや」
「お母さんが倒れるぞ」
「お義母さんを呼べば」とミンギョン家出。
案の定母は入院
叔母がユジンを届けに,「酷い人』と。ほんとにユジンを捨てるのね、驚きです

ジョンヒョク「慰謝料をいくらにするか?」「いらない」「あんなくだらない物を書いて?」「世紀グループの嫁より貧乏暮らしか?」「私を解放して」

カンウクの両親は母が病気だからという理由で何も知らず手伝いに出てきました
妹に聞かれて「ミンギョンが望むなら」「結婚も離婚も姉さんのいいなりなの?」全くその通り。優柔普段な男

あの叔母がジョンヒョクに電話してジヒョンの状況のさぐりを入れます「彼女によろしく」、、、、この叔母はいつも人騒がせなんです。

離婚って二人の問題だけど子供はもちろん、お互いの親を傷つけてしまうのですねえ。なんか切ないです。離婚ってエネルギーが結婚の何倍もいるってほんとそうですねえ。しかしこの二人お互いの存在がなければそのまま納まっていたよね。やはり離婚の影に男、女ありですか、、、、

そしてさすが韓ドラ決して肉体的不倫にはならないということ。同時期に離婚して晴れてフリーとなってから再会するというのでしょうか?


火花 25、26話」 [火花  完]

25話 決断

流産したジヒョンの病室に来たジョンヒョクの最初の言葉が「何故記者がいる」という言葉です、身体を心配するより、先ず世間を気にするあたりが、、、、「予兆があったはず」「今朝驚いて気をうしないそうだった、、」と、医者からもストレス

姑も家系を絶つ気なの」とチェ、チェッと舌打ちします。韓国って舌打ちって下品じゃないのでしょうか、、、母も姑の手前「気を付けなかったの」と叱ります

「今回は御義母様が悪いと思うことにした」と母にいうジヒョン、流れた赤ちゃんにたいして不遜だと思う、ふうーーーーです

病室を抜け出しカンウクに電話します。オペがあるのにドタキャンして郊外で会います、優しく抱いてというだけのジヒョンを抱くカンウク。帰る時になって流産して入院していることを告げます。なんかとてもイケナイ女になってしまいました。これなら不実過ぎです

病室に戻ったらジョンヒョクが、、「どこに行ってた?」ごまかします。今度妊娠したら入院させるとジョンヒョク。

カンウクに「あなたが信じられないから中絶した」とミンギョン。メールを読んだと告白します。盗み見たと怒るカンウク、残している事のほうが問題だとミンギョン。

そうね、カンウクは優柔不断の卑怯な男なのよ、自分は傷つけないつもりでもミンギョンを傷つけているのに違いない。まあミンギョンも愛される資格のない女性だけど、、、

「別れよう」とカンウク、「私に言わせて、待ってて」とミンギョン。カンウクまたも優柔不断だ!

退院して家に戻ると姑が「仕方ない、運が悪かった」、と冷たい態度です

ジョンヒョクは母に「冷たすぎます、温かく迎えてあげないのか?驚かせなくても」と母をなじりました。親子げんかに

ジョンヒョクが会社に戻るや直ぐ家を出ます。家をでるなら車にも乗るなよと思いましたわ。ジョンヒョクに買ってもらった車です。身一つで出るべき!私ってジヒョンに冷たい?

その足でワンルームマンションを契約、家具もいれ日用品を買い住み始めます

すごいそのお金は誰の?身勝手な女性にしか見えない

ジョンヒョク帰宅してお手伝いさんにジヒョンが実家に行った事を聞きます

ジョンヒョクは父に自分が行かせたと取り繕います。

机に置いてあった指輪を見つけます

ジヒョンの携帯に電話して「指輪を見てないの?」と言われます。会う事に、喫茶店で話します。「1年暮らしてだめなら別れる約束したでしょう。」「指輪をはめろ。ぼくの同意がいる。別居も考える」と「あなたとあなたの家の所有物という生き方はいや」と平行線。ジヒョントイレに立ってそのまま消えます

26話 ひとりぐらし

ジョンヒョクはヒョンギョンに電話しますが、何も知らなかったのです。

ミンギョンの態度の最悪は相変わらずでカンウクの両親と兄夫婦がソウルへ来たというのに、車を急発進したり、、、

ジョンヒョクは牧場へ来て父に話します。家族会議でやはり兄は怒ってます

ジヒョンから電話があり父母が会いに出かけます。父母ショックです。公園にへたりこんで座って泣いてます、、、

ジョンヒョク、カンウクに電話します「妻に会いましたか」もちろん否定しました

父がジョンヒョクに会い「解放してやってくれ、無能だと、相応しくないと言っている」と頼みます

カンウクはメールで「心配で胸が苦しい」と、口先だけは親切そうだけど、自分からは何も行動はおこさない

ジヒョンのマンションを探し出したジョンヒョクです


火花 23,24話 [火花  完]

23話 再会して

本屋で出会った二人、追いついてお茶をしてます。人目があるのに、、オイオイ大丈夫なのか、ハラハラします。カンウクはお砂糖を入れる手が震える程です、、、ってなら追いかけるなよ。

ジヒョンは流産したことは言うけど、今妊娠中だとは言わないのです

「愛しい人がいるのが生きる力になる」と言うカンウクにたいしてジヒョンは「過ぎた事には執着しない」

「作品を期待していたのに、残念だ、才能があるのにもったいない」と言われるとジヒョンの押し込んでいた作家への思いに火をつけるし、、、

ジヒョンがカンウクに惹かれるのは彼女の才能を認めてくれるからに過ぎないんじゃない?

ミンギョンは相談なしに中絶してしまっていました。カンウク怒ります。「年子は大変だから数年後に産めばいい」とミンギョン。カンウクはジヒョンが流産したと聞いたばかりなので、余計にいらだっているかんじ、、、しかしミンギョンの勝手なやり方にはほとほと愛想がつきはてるカンウク。住み込み家政婦をやとう、それまで実家の母に来てもらうと言い出すと、ミンギョン受け入れるはずもなく、、、

家を出て実家に帰るカンウク、身内もミンギョンの態度に感づいているし、、、

ジヒョン仕事部屋からノートパソコンを持って帰るがジョンヒョクに「想い出すから処分しろ」って、「自分の椅子に座るな、他人が触るのがいやだ」と、「他人なの?」って又ジヒョンすねるし、、、

捨てろっていうのに又パソコンに向かっている所に早く帰宅したジョンヒョク。

24話 父の誕生日

パソコンをベッドの下に入れるジヒョン。又揉める二人。「他の趣味にしろ、小心なのだ、逃げそうで怖い」と本音でいうジョンヒョク。

父の誕生日当日は行けないというので、前日ですが、ゴルフを断って行くジョンヒョク。これだけで感謝しなさいよと私は思うのだけど、、、たった1日も自分の家族のために動いてくれないと不満なジヒョンです。

「実家に行って気がすんだ?」って姑に言われます。姑は自分は実家の事は一人で済ませたものだと、ちくり。

友達に電話で愚痴っていて、「姑が怖くてどうしていいか分からない」後ろに姑が!(+。+)アチャー!びっくりしました!よりにも寄って、、、

親戚の食事会の件を伝えに上がって来てた姑。

ジョンヒョクに電話で経緯を伝えます。「愚痴るな」と言ったはずだと、「もう責めないで」とジヒョン。責めたくもなるわねジョンヒョク。

会場に行く駐車場で記者にあい、エレベーター内で急に又下血です。記者に病院へ連れて行ってもらうジヒョンです、はあーーーーーー

精神的ストレスによる2度目の流産ですか、、、姑も辛い事になる?


火花 21,22話 [火花  完]

21話 妊娠の時

姑に噂が本当なのかと問いつめられ主人に聞いて下さいの一点張りの答えをするジヒョン。直ぐジョンヒョクに電話して帰宅させます。写真の内容や口止めしたそうねと言う母に声を荒げるジョンヒョク。そこへ舅も帰宅し男がいる女と結婚した、恥をかかせたと怒鳴ります

ジョンヒョクに何故否定しなかった、黙っていたかと言われだから結婚を辞めたいと言ったでしょと開き直るジヒョン。

舅は今更離婚するほうが恥だ、ジョンヒョクを信じてやるしかないと、、

写真取材を受け、舅姑若夫婦笑顔で仮面家族を演じます

姑は嫁いじめをして、檻の中状態のジヒョン、そしてストレスで流産してしまいます。誰にも妊娠した事を言わなかったジヒョンです。嫌われている姑にはいいたくなかったと、、

一方ミンギョンは妊娠で家事がしんどいからと実家で暮らしたいと言い出しますがカンウクは頑として受け入れませんでした。

カンウクの両親が3日泊まりがけで出てきて、甥がソウルに来たら下宿させてくれという父の頼みにミンギョンあからさまに反対です。

実家で静養しろという姑に「自分で出て行くのはいいけど追い出されるのはいや」、、、

22話 春の訪れ

カンウクとミンギョンの方は娘が産まれてました。私の予想はこちらが流産かと思ったんだけど、、、、ミンギョンったら寝不足でイライラして母性のかけらもないような母です、カンウクの方が子育てに熱心です。実家にあずけて週末だけ子供の世話をしたいというミンギョン。家政婦さんにイライラをぶつけてクビにするミンギョン。最低な女性です。カンウクもうんざり

ジヒョン10時にお茶したいとデートをジョンヒョクに申し込んだのですが、すっぽかされます。一緒に病院に行くつもりだったようです。最初にジョンヒョクに言っておけばいいものを、、、なんだか気持ちのズレがあるのよねえ

仕事部屋で時間を過ごして帰宅して姑に叱られるけど、そこでもだまったまま。

又同じ繰り返しになるかと思ったけど、、、ジョンヒョクに「どうでもいいんでしょ。寝るだけの女みたい」となじります。翌朝悪かったと反省して早朝に起きて舅姑に妊娠の報告をジョンヒョクがしました。舅姑達喜んでくれました。

ある日、本屋でカンウクと出会っちゃいました。逃げるジヒョン、追いかけるカンウク。追いつきました。さあどうなるんでしょう。ジヒョン妊娠中ですし、、、


火花 19,20話 [火花  完]

19話 最後の作品

メールを読んでから精神状態がへろへろのミンギョン。

ジヒョンは口角炎が出来た状態では実家に帰れないと仕事場で睡眠をとりました。そこに記者がいて耳ダンボです。過労死すると友達に言った事に不快感のジョンヒョク。友達に不満をもらすな。って言われます。格好のネタになる世界だからだそうです。

ジヒョンの最後の作品の放映です。舅姑と見る事になり、内容がメロドラマで不道徳なこんなドラマと舅消せと怒ります。まあそりゃ一緒に見る内容じゃないわねえ、、、

ミンギョンはカンウクと一緒に見ようと誘い、「我慢も限界だ」と怒鳴られ又馬鹿なミンギョンです。一人で見るミンギョン。

実家に帰りたいジヒョンですが、親が言い出すまで待てとジョンヒョクに言われます

噂が消えてないと友達がジョンヒョクに

20話 噂再び

外科医の名前も出ている、噂を消すためには子供を作れと言われたジョンヒョク。その気になるジョンヒョク。なんでもせかすのねとジヒョン

ミンギョンの方にも友達から噂の電話がありました

ミンギョン妊娠反応陽性。よくやったなと喜ぶカンウク

姑から実家に行ってよい、慣れるまで心を鬼にしていたと

実家に向かっているジヒョンの携帯電話にカンウクから電話。噂が心配でと

自分は罪人扱いだと答えるカンウク。ワカランずるい男です、自分には子供が出来たくせにその事は言わずじまい。今更心配だと言って電話してナニがどうなるわけでもないのに、、、

父さんが待ちくたびれてジヒョンに会ってもすねたりします。母には愚痴をこぼして泣いてしまうジヒョン。そこへジョンヒョクから電話で愚痴をこぼすのはやめろ、非常識だと。親を心配させるだけだと。言ってる事は正論だけど、、、

カンウク花束をミンギョンに、、、妊娠したことを職場で発表。

姑の耳に噂を入れる親族が、、、、ジヒョンの立場が、、、


火花 17,18話 [火花  完]

なんだかなあの2組の新婚生活です、、、

17話 新婚旅行

ジヒョンの新婚旅行先はチェジュ島です。チャングムの流刑先です、、、父の会社の部下が迎えに来てたりします

新婚旅行というのに、ジョンヒョクは今までの過労で寝てばかり、ジヒョンひとりぼっちで寂しい思いをさせて、、、

初夜、ジョンヒョクは何もしないつもりだったと言うのです。でもジヒョンが自分の正直な気持ちを切々と訴えごめんなさい、誠実になる、許してと誓ったので、二人ベッドに正座してどうなることかと思いましたが、ぎこちないkissの後ベッドに倒れ込みましたよ。もちろん映像はなし。

新婚旅行の帰りに嫁の実家に寄って1泊するのが韓国の習慣なのでしょうか、そしてこの時が親との別れみたいな挨拶をしてますね。

ジヒョンは一人でジョンヒョクの実家に行くのです。韓服を着ていないので姑になじられます。食事の時ジヒョンは立って給仕をしないといけないようです。大掃除と聞いてジーパンで出て行くと何もしなくてよいとひんしゅくをかい、ズボンははいてはいけない。メードさんは二人、庭師、運転手がいるので何もしなくていい。、彼女のする役目とはお祝い日、親族の誕生日とかを覚えておくことのようです。親族のつながりがかなり強いようです。

一方ミンギョンはカンウクの実家に行き兄夫婦の離婚問題が起こっている事を知ります。兄(父@1%の奇蹟)が浮気をしていたというのです。ミンギョンの又過去をほじくる格好の種に、、、「血筋なの?」とか言うミンギョンに「しつこいぞ」って言われてるのに、、、

18話 新生活

ジヒョンの嫁としての1日は5時起き、帰りは夜中3時過ぎになるジョンヒョクを起きて出迎えないといけない。

ジヒョンなりにがんばって鼻血までだし、口角炎にもなりボロボロのようです。

ある日ジョンヒョクから電話があり書類を届けるように夫婦同伴のパーティーがあるからと、家でパーティー続きでくたくたのジヒョンを呼び出し11時まで自由にしていいと甘い夫してくれました。なかなかやるじゃんジョンヒョク。いいとこあるよ。

一方ミンギョン夫婦は相変わらずです。新聞に載ったジヒョンの結婚の記事を見て落ち込んでいるでしょう、というミンギョンの執拗な問いかけ、、、いい加減にしたらどうよ。ミンギョン!

ミンギョンの妹が父に渡したお金をカンウクが出した事が母にばれて血圧があがって又一騒動。その時カンウクは家も買えない男と酷い言い方をする母。

ミンギョンがやっぱりカンウクのパソコンに残っていたジヒョンへのメールを読んでしまいました。カンウクも削除しておけばいいものを、、、ミンギョンも読むなんて、、、

ミンギョンの皮膚科の患者、ひどいニキビの女性、ジョンヒョクの会社の会議、なんかどうでもいい映像が相変わらずあるのよねえ。


火花 15,16話 [火花  完]

15話 婚約破棄

ジョンヒョクが「仕事を辞めろ、父の気が変わった、すまない。頼む」と「イヤよ、婚約破棄する」、って大もめ、そしていつものようにホントの事を言うはめになるジョンヒョク。「タイのスキャンダルを親戚が知ったからだ」と。ジヒョン謝ります。「あなたを愛せない」、聞きたくないと言うのに「タイで外科医と知り合った」と話します、「もう言うな」、ジョンヒョクキレました。「婚約破棄をするなら僕からする。婚約破棄だ」と怒鳴りました、、、

両親に結婚はしないと報告したジヒョン。家族全員大騒動です。あの優しい父でさえ、大声で怒鳴ります。兄はジヒョンに暴力を振るい、父は兄と格闘です。

ジョンヒョク、父にはジヒョンをかばってかばい通すのが辛いとこ。

ジョンヒョクが勝手に監督に連絡しジヒョンを仕事から降ろします。

驚いたジヒョンはジョンヒョクと早朝話し合いに出かけます。

ジョンヒョクが「失敗がきらいだ、したことがない」、最後に言い出した事が、「1年だけ暮らしてくれ。僕も人間なんだ、辛い、心が痛いと、、、」

「ミアネ、ミアネ、ミアネ」とジヒョン、「私でなければだめなの?それなら仕事は辞める」とうとう仕事を辞める決心をしたジヒョンです。

仕事場から荷物を持って帰るジヒョン、涙です。折角仕事がうまく行きかけてたのに、この決断は意外でした。前夜の家族騒動もジヒョンの決断に影響を与えてるのでしょうねえ。

16話 君に贈るカード

ミンギョンとカンウク結婚式です。40歳の花嫁です。花婿も韓服です。花嫁が着るのはよく見たけど、両方が着るのは初めて見ました。花嫁の頬の真っ赤な丸い印。何でしょう?

結婚式を終えて直ぐ新居に行き、ビデオ30本妹に借りに行かせます。1週間どこへも出かけず、こもるつもりのミンギョン。

ぎこちない精神状態のまま、ミンギョンの言葉はいちいち刺ありすぎです。でも一応ベッドインしましたよ。出来ないかと思ったけど、、、、

ジヒョンはユジャ、ヒョンギョンと送別会をして、ジヒョン飲み過ぎです。ジョンヒョクに迎えに来るように言っちゃうユジャ。仕事中だけど、迎えにいくジョンヒョク。仕事を辞めてくれたジヒョンを心から愛おしく思っているジョンヒョクです

そして翌朝、花束とカードを届けます。一晩かかって書いた?書きかけたカードの束です。これがジヒョンのハートを射ましたよ。ジヒョン初めて心から笑ってお礼の電話をしました。

いよいよ結婚式です。綺麗なウエディングドレスの花嫁さんです、、、2組ともなんだかんだあっても、結婚しましたよ。このまますんなり行く訳もなく、これからもっとドロドロになるのね。罪な二人、いえ4人。

発見 1ミンギョンが髪の毛を切ってジヒョンっぽく真ん中分けにしてます。

    2.ジヒョンはVuitton好きのようです。いえ,ミンギョンも持ってました、

    3.大きい声では言えませんが、カンウク役のイ・ギョンヨンって青少年保護に関する法律違反で懲役2年の求刑を受けたって情報を教えてくれた友人がいるのですが、ホントなのでしょうか?ラブシーンを見てぞぞーーーっ


火花 13,14話 [火花  完]

13話 頬にかかる涙

ジヒョンを選んだ自分を侮辱することになるからと何も聞かない、愛してるとささやくジョンヒョク。ジヒョンに何も無かった事を信じようとしているのです。ジヒョンは真実を喋ってこの婚約を破棄して欲しいはずなのに、黙ってしまうのです。もし全てを知ってもジョンヒョクは結婚したのだろうか?

フィルムを買い取ったジョンヒョク。手を繋いで歩いている写真です

ジヒョンは結婚準備の買い物に出かけロッテデパートでミンギョンの叔母に声をかけられ、逃げても逃げても追いかけて来て酷い言葉を投げつけるのです。まあ常識では考えられない行動ですわね。

叔母とカンウク、ミンギョンがお茶をしている所に、ジヒョンからカンウクに電話。「何故自分がこんな酷い目に遭わなければいけないの?と。カンウクは「お前の家族にはあきれた」と席を立ち、ジヒョンを追いかけます。携帯は切られていますが、車が横について、話があると。喫茶店で話します。もうすぐ結婚すると聞くカンウク。別れる時に手にキスをし、抱き寄せようとしますが、ジヒョン制します。

ジョンヒョクが新車をプレゼントします。ジヒョンの車も新車だったのに、、、このプレゼントはジヒョンは効いたと言うのです。

父母が乾杯しようと。むこうの家に行っても幸せに暮らすと約束しようと。

好きでない人と結婚するのに、「私は何様なの」って考えようとジヒョン。

14話 愛の惑い

ミンギョンに呼び出されたジヒョン。「今度何かがあれば私に連絡して欲しい」「失いたくない、助けて欲しい」なんか必死過ぎのミンギョン。哀れです。カンウクに報告します。そして「私の顔をジヒョンの顔に出来る?無理なら忘れて」

新聞発表の記事を見るカンウク

新婚旅行にジョンヒョクは仕事が忙しいから行けないと、ジヒョンも仕事があるからOKです

カンウクは職場で新婚旅行中は休みになるので日程をと聞かれ、ミンギョンに相談しますが、旅行がきらいになったからと行きたがらない。

母達には出来ちゃったから行かないと言ってしまうミンギョン。驚くカンウク。1番疑われない理由だと答えるミンギョン。きっとボロがでそう、、、

ジョンヒョクの父は親戚からジヒョンに男がいるという噂を聞かされ怒りまくりです。「火のないところに噂は立たない、男がいる女なんて嫁には出来ん!」

「噂は無視した方がいい」と言うのですが、「仕事を辞めさせろ!」と。ジョンヒョク苦しい立場でイライラですわなあ。

ジヒョンはカンウクからのメールを読んで涙していると母が部屋に来て、ジヒョン「彼は王様なの、冷たくて堅物で傲慢で自分が一番なの。皆が勧めたから婚約した」とカンウクの事も話したようです。父のような人がいいと。

「寂しいから早く来い」と母を呼ぶ父。なんかいいですねえ、この夫婦。


前の10件 | - 火花  完 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。