So-net無料ブログ作成
検索選択
ラブレター  完 ブログトップ
前の10件 | -

ラブレター 19話、20話 [ラブレター  完]

19話 愛の果て

ウジンに「ここに戻ったのはあなたが心配だから」とウナ、又ウジンを喜ばせるような事を口走ってる。実はアンドレアも病状を知ってると聞いてウナはイタリアへ旅立つアンドレアを追いかけていく。一方アンドレアも療養所へ戻る、すれ違いです。

ウジンは母に「互いに嘘をついて時間を浪費する二人にはうんざりだ」と。母がウナをあきらめてくれて有り難う」と

ウナの部屋の前で座り込んでいるアンドレアとやっと再会。「僕を許してくれ」「全部許すわ」。孤児だから心臓移植を優先的にしてもらえるらしい。

ウナはアンドレアが聖職に就くことを辞めたとは思っていず、休暇をもらっているという言葉を信じて会話をしてる、海の近くの家で待機するみたいでその準備でペンキ塗りなんかして楽しそう。

ウナがアンドレアに教会に戻って通ってくれと。今はウナが神父になることを望んでいるので言い出せないけど、本当の望みを知っているとシスターエステルに話します。

倒れてるウナを発見、例によっておんぶして病院へ、ウジンに「何故悪化するまでほっておいたのか」と又言われてます。病状を知ってしまうウナ。後1週間?手術が出来ない状態。又退院するというウナ。教会へ。海辺で「結婚しよう」神父になるのを辞めた」と告白します。ウナは「だめよ」と。そのウナを浜辺に残して行くから、ウナが又倒れてしまいます。

アンドレアは「神父になるからウナを助けてください」と神様に土下座して祈ってます。「ウナの終油式ができるように神父になります」と

ウナが危篤状態。看取るために付き添っているアンドレア。司祭とシスターエステルが会いに。「自己憐憫に陥り愛からも逃げる気か、彼女の心はどこにあるのか?」と司祭に言われます。酔っぱらって倒れてしまうアンドレア、ウジンが自宅に連れて帰り、母の看病を受けることに、「アンドレアを助けられるのは母さんだけ」と、、、

「母さんとウナが現れなければ僕の人生は平穏だったのに」と恨み言をいう。「ウナが死んでもウナの一番好きな所にいる」と慰めアンドレアを抱きしめて「愛してるわ」と。アンドレアもやっと母の胸に抱かれ涙です

20話 いつまでも

神様を愛しています、主の御心のままにして下さい」、と祈るアンドレア

病院へ行くとウナが食事をしてます、手術ができる状態になったウナ。「終油式をしてあげる」と

浜辺でウナがいたから神父になれたと、、kissをするふたり、切ないです

修道会の会議で「愛を知らなかった、主は彼女を通じて完全なる愛を教えてくれたと信じています、愛を人々に伝えたい」と、神父になる許可がおります。

ウナがウジンに「虫がいい女、運のある女」といってます。そうその通り!

アンドレアが神父の服を着て海辺で待っているウナの元へ、綺麗過ぎますアンドレア!一番いい笑顔です!♪天国の別離の音楽が流れます♪

叙階式が行われ床にひれ伏したアンドレアに一粒の涙が

ドナーが見つかり、、手術が翌日に決まりお泊まりするアンドレア、並んで手を繋いで寝てます。別れの言葉を言うウナ、涙のアンドレア

病室で皆にあいさつをして、終油式を行うアンドレア神父。

手術室でメスといいつつ躊躇するウジンの手を握るアンドレア、涙を流しながら手術をします。成功率が低いのです。

どれくらい時が流れたのか、ウナはどやさ?と思うけどアンドレアが賞を受けたりウジンが南米にボランティアに行っていたのが帰国してアンドレアに会いに来たり、二人でお風呂にはいって昔話をしたりして、、、イライラ

毎日ウナを見舞っていたアンドレアでした。意識がないけど生きてました。側にいるという約束を守っていたようです。ウジンは恐くて海外へ行ってしまったというよりは、ウナにとっての自分は側にいるべきじゃないと思ったのかな。

「目を覚ましたら愛し合おう」と言ってうたたねしていたら、ウナが目を覚ましました。「ウジナ」と呼びます。アンドレアではなく、、、

カトリックの信仰、それも聖職者になるかならないかというテーマが凡人には難しい。男女の愛より崇高な神への愛?ということではないだろうけど、、、結論はそうなの?よく理解出来ない、、、これがプロテスタントの牧師なら結婚もありなんだけど、カトリックの神父とシスターは神と結婚するということで、、、近頃シスターになる人が激減してるそうな。

時間をおいて又見返してみようかな。アンドレアの可愛い笑顔が最後に見れて良かったことに、、、しておこう。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 18話 最後の綱 [ラブレター  完]

タクシーの中にいるウナに気付かないで幻覚を見たと思うアンドレア。ウナを失ったのが一番つらい、神の元に逃げていただけだと。シスターエステルに告白します。

ウナが療養所にもどるのを待っていたウジン。ソウルに帰ろうというのに断固いやだとウナ。ならばとウジンが療養所に転勤?出張?してきます

アンドレアは私服に着替え、ペドロ神父に普通の信者にもならないと、2度と戻らないつもりで町を出ると、長い間の感謝の言葉、最後に叔父さんと呼びかけます。信仰を捨てるというの?神父様も止めれないの?

アンドレアがユリに会い、遠くへ行くと聞いたユリは躊躇していたけど、ウジンに会ってと療養所にいることを伝えます。アンドレアは療養所へ行き絵本を読んであげているのをウナが見つけます。ウジンがウナと呼んでアンドレアが気づきます。驚くアンドレア。ウジンが自分がウナをここに来させたと嘘をつきます。

神父になって善行を積むよ、君も平穏な人生を歩んでくれ、ウジンを愛せと言い残し帰ろうとします。この二人の会話はたんたんとなんとも切なく、、、ウナ苦しくなって倒れますがアンドレアは気づきませんが慌ただしく走っていくウジンを見てアンドレアも知ることに

そしてあの見たカルテがウナのものだった事を知ります

ウナは自分を犠牲にしてお前が神父になるようにと思っている、何も知らない事にして帰れと。目が覚める前に会いたいとアンドレアがベッドサイドで独白していると、ウナがもうろうとした中で「ゲンチャナ」と

ウナは目覚めて「アンドレアが全部知ってしまった夢を見たわ」とウジンに。ソウルに戻る二人。  うーん、何故なのか?分からない

ウナの部屋に戻ってウジンに「もう帰って」と、やるせない気持ちをぶつけるウナ。辛いのはわかるけどウジンに感謝の言葉くらい言いなさいよ。出来ないなら,ウジンと行動を共にしないでくれ。そこがあなたの勝手な優柔普段さなんだ、、、

ウジンは父の部屋でお酒を飲み酔いつぶれ、本の間にあったウジン宛の手紙を見つけます。調べた心臓手術の計画書が書かれてありました。

ペドロ神父や教会のシスター達にウナが韓国にいて病気でもうすぐ死ぬんだと伝えます。ペドロ神父にウナを看取るのが恐いと

イタリアへと旅立つ空港へ向かう車の中でウナの「一生側にいてね。私が死ぬ時は終油式をしてね」と言っていた言葉を想い出しUターンです。

キリスト教の信仰、神への愛と男女の愛と、重いテーマが難しい。会話について行けない自分です、、、

 


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 17話 罪と罰 [ラブレター  完]

なんと切ない展開なの、、、胸が痛いよ、、

ウジン母が自分自身を責めるのを聞いて、やっと父が自分の犯した罪を告白します。そしてアンドレアに会いに行き告解をさせてくれと。しかしアンドレアは自分は神父じゃないからと断りますが、父は懺悔して許してくれと。「許せない、絶対に許せない」とアンドレアは叫んで教会から飛び出します。

父はなんと自殺するのです、、、父もクリスチャンなのに自殺するなんて、あんまりです。ウジンはアンドレアに「お前が殺した」と告げに行きます。そうじゃないよ。父の心が弱かっただけでしょうに、、、アンドレアとペドロ神父は葬儀の終わった所へ訪問します。ウジンは「お前のせいだ、立派なんかじゃない、知らなかっただけだ」と、「父も母もウナも犠牲者だ」と責めます。「お前に復讐する、お前の一番大事なものをなくしてやる」と。一番大事なもの?ウナ?ウナを自分のものにすると言う意味?

アンドレアは神父の服のまま肉体労働をしてます、そしてお酒におぼれています

ペドロ神父におじさんのせいだと怒鳴っています。あのアンドレアが、、、神が恨めしいと。「服を脱げ、脱ぐんだ」とペドロ神父に言われても脱ぎません。

母が修道院にはいってしばらく静修?するというのです、ウジンが母に冷たく当たっていますが、「思い出の中にいる息子はあなただった。でも傷つけたわ」とウジンはこの言葉を聞いて少し救われたように感じていました

しかし、ユリからウナがアンドレアに書いた手紙をとりあげ居場所を知るウジン。母に裏切られたと又ショックのウジン。ウナの病院へ飛んでいきます。が、すれ違いです。ウナは先輩とソヨンに会い臓器移植の手続きをしています、その時にソヨンからアンドレアの様子を聞いてしまい、ソウルへ出かけ物陰からアンドレアを見つめています。そしてそれに気付くアンドレア

ウナはもうじっとしてて欲しいのに又ウロウロとアンドレアの前へ現れて,,,ウナ自身もカトリックの信者なのに嘘のつきまくりって、、、


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 16話 愛ゆえに [ラブレター  完]

アンドレアが神父になるのを辞める確信がもてるように、1月間の黙想をしなさいと修道会の決定がおります。入院していた子供をこんな医師に診てもらえないと退院させていく親達。アンドレア窮地です

ウナとウジンが教会へ来て「二人はやりなおすから神父になれ」と言いに来ましたそんな急に心変わりの事を告げられてもアンドレアは信じられません。ウナ嘘をペラペラと「愛してる人はウジンよ」と、、、ウナこんなやり方は酷すぎます自分の病気を隠すためになんだか間違ってるよ。アンドレアを傷つけて、、、二人の乗った車を走って走って追いかけるアンドレア。ウジンそれを見て車をバックさせウナだけ降ります。あの雨宿りした小屋で話し合っています、結婚してくれとアンドレア。このごに及んでも病気の事を隠しているウナがキライだわ。

ウジンは心臓移植に向けて手をつくして準備をしています父にも相談しています、母に知られます、ウナは一人で遠くの病院へ行こうと準備しています。「死ぬまでふたりを縛り付けたくないのでふたりから離れる」とウジン母に内緒にしてくれと。南米へボランティアに行くことにしたという手紙を投函します。あーーーワカラン。ウナの勝手な思い上がりじゃないですか?さんざん振り回して自分は嘘を付いて二人から逃げるって、、、

一月間の黙想に入るアンドレアと皆で食事をして、二人で話しお別れの言葉をいうウナ、「抱きしめて」と、、、とにかく自己中の勝手な女だわ

手紙を読んでウジンとアンドレアが駆けつけるとウジン母が待っています。信じられないアンドレア、「ウナはお前を神様にかえすために、ほんとの事を言わず犠牲になったんだ」とウジンが言いますが。「何か知らない事があるのか」とアンドレア、ウジンが言いかけますが、遮って「ふたりがウナの事を忘れてあげる事だ」とウジン母。ウジンは又アンドレアばかりをかばっているとすねてます。

母は初めて密告したのが夫だったと知ります。気付くのが遅過ぎますぞ


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 15話 アンドレアの選択 [ラブレター  完]

 パリの恋人の集中放送を録画してるので見返す事ができないのでちょっとアバウトな記事です。下書きということで。しかしHDDに貯まる一方のドラマです。削除か保存か、1回録画のみなのでDVD−RWにしか保存出来ないので、お高く付きます、先日やっと300円切りましたが、、、

ウジンを友達と信じて神父になったと本音をぶちまけるアンドレア、「ウナを愛してるから」ととうとう言ってしまいました。ふたりのやりとり切ないです

司教様に静修しなさいと言われ神父の服をぬいで私服で自分探しに旅に出たアンドレア、シスターエステルがウナにちくります。ウナは飛んで会いにいきます市場に行ったり花火をしたり恋人らしく過ごします、が壁越しにいびきが聞こえたって、、、決して同室ではありませんから。ウナに愛してる君は僕の魂だと告白するアンドレア。死んでも永遠に忘れないわって意味深な事をいってるけどアンドレアはもちろんピンともこないわ。

ウジンは病院でのボランティアを辞めたウナを心配してウナの部屋で待ち続けます。ウジンが合い鍵を持っているのもウナはいやがってたはずなのにまだ持ってたのですね。朝とうとう机の上のカルテをみつけました。

アンドレアは教会にもどっても神父の服に着替えない。

村人はふたりのよくない噂でもちきりです

ウジンとウナが横断歩道で出会います。全てを知ったウジン、神のものを欲しがった罰だと、、、

「天国の別離」@サランをゲットしました。英文が入ってる詩だったのです

悲しい恋いはもう終わりにしよう君を深く傷付けた僕 周りのことなど目には入らずただ君だけを愛したあの日々 You're my life Feel my love  今は一人で君との思いでを胸に生きていく  Don't say bye let me go  二人で過ごした記憶も全て忘れて 別々の道を行く 僕だけを見つめる君の心は いってはいけない天国のようだったよ 結ばれない恋に疲れ果てた君を想う                   この悲しい別れもいずれは遠い過去 逢えないのに  You're my life Feel my love 今は一人で君との思い出を胸に生きていく  Don't say bye let me go 二人で過ごした記憶も全て忘れて 別々の道を行く 君だけは幸せに 僕のそばで苦しんだ君  You're my life Feel my love さよならだけど思い出だけは消えることなく  Don't say bye let me go 遠くへ旅立ち 僕を忘れて 永遠に


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 14話 試練 [ラブレター  完]

診療所で一晩看病したアンドレア教会へ戻りたいというウナを背負って帰ってます、「昨日に話したかった事は今日はどうでも良いこと」と話しません。アンドレアもそれ以上聞きません。人目につくわ~~~と心配。案の定、村の人に噂にされて、教会へ押しかけれている所へ戻ってきてしまいます。そこへウジン登場!僕の婚約者になにか?と.

ウジンが会わないと憎らしいが会うと胸が痛くなるとアンドレアに言います。そうアンドレアの笑顔は誰だって

ウナ引っ越しします。お別れ会でウナからプレゼント、「あの十字架のネックレスを返して欲しい、シスターエステルにあげたんでしょ」と、「君もウジンにあげたんだろ」 アンドレアが十字架をあげるよと、、、うーーーん分からない。アンドレアの持ってた十字架は誰の?「もう2度と会わないでいよう」と、、、ウナのプレゼントはあのシスターエステルがくれた十字架、、、いくつあるの???

ウジン父はアンドレアとウナの事を知り「くりかえしなんだな」と、、、

アンドレアは別れた事が苦しくなっています。

ウジン父母がアンドレアに会いに行きます。母に「許してあげます」捨てて耐えるしかないから神父になるのです」と「ほっといて下さい」「会いに来ないで」と叫んでます、、、

ウジンに会いに来ないでといってるのに腕をひっぱってドレスを試着させてますウナも着ないでよ。何故着るかなあ?(ガラスの華でも試着してました、、、その気がないのに試着してみるって多いです、お楽しみ画像ってことかな、でもうっとりするほどじゃないのです、、、失礼)平凡な人生を歩ませてあげるとウジンがいいますが、ウナは別の人の夢を見てたと、、、ショック、ウジン、「アンドレアを好きな私を好きなだけ、もうアンドレアはいない」アンドレアが見てました

父は「アンドレアに父の事をいう」というのを止めろとウジン。ユリはアンドレアが手話を母のために勉強したと母に伝えます

ウジンがアンドレアを責めてます、「母さんを思うなら会わないでくれ、ウナには会ってあきらめさせろ」と「ウナを自分は愛せないが、自分を愛して欲しいのか」と殴りかかるウジン

次回、アンドレアが神父の服をぬいでます、病気の事をウジンが知るみたい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 13話 もう一度愛して [ラブレター  完]

ウナって自分勝手過ぎません?アンドレアの心をみださないでやって欲しい、ウジンに対しても中途半端、、、ウナ自分の命がないからって自分の事しか考えてないみたいに感じるのは私だけ?

3人が立ち会った手術、生々しいオペの場面、真みどりの緑医姿

そこへ母とユリが訪ねて来てアンドレアと対面。(ユリがアンドレアに会った事を母に伝えなかったのが不思議なんだけど、、、)そっけなく別れます。会わずに我慢していたアンドレアなのに、ウジンに気兼ねして、、ユリにお兄さんよと真実を伝える母。

アンドレアが教会で涙しているのを見つけウナは「病気が治ったのね」と、先生が治したとおもっていますが実はもうすでに治っていたのです、でもアンドレアはキレます、「僕の人生に関わるな、神父になるのだ、僕たちは罪になるのだ」と、、、

教会の皆の前で神父の叙階を受けると宣言します、ウナは席を立って行きます。

ウジンは結婚しようとウナに

神父様がアンドレアに「ウナを愛してるのか?」「はい」と答えるアンドレア。自分が愛する人を取り上げられ神に選ばれたと思っていた、失ったと思ったのに再び愛させた理由がわからない」と

ウナがウジンに「気持ちがこれっぽちもないことに気付かなかった」と強烈な事を言いますが、「抜け殻でも愛する」「側にいてくれ」ってウジンが言うんです。そんなにウナって愛される資格があるのでしょうか?イライラ

アンドレアに「もう一度愛して」と、「少しの時間でもいいから」って、ウナ自己中じゃないですかあ

手術に行かないと行けないので後でと、結局緊急患者とかいて遅くに帰って来たアンドレア、部屋に帰っていないウナ、走って待たせた場所へ、(自転車で行けばと突っ込みましたが)。倒れてるウナ発見、背負って走って診療所へ、シスターエステルに大丈夫かって聞いてます、オイオイ君の方が医者だよ!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 12話 過去の傷、現在の痛み [ラブレター  完]

アンドレアに「本当の事を言ってくれなかったの?「「ウジンの気持ちもあるから、過去のことだ、もう忘れてしまった、愛してた思い出に辛かった、」ウナ「愛してると口に出していえなかったあの頃の想いを今更そんな言い方しないで」とアンドレアに一筋の涙が、、、アンドレアの心の病を治したのはウナの愛です、

ウジンが手紙の件で会いに「時間を頂戴」「昔の事だ、悪いのは俺だけか?アンドレアに戻るためか」そこへアンドレア、「神との約束だから昔に戻れない」

アンドレア神父に対する気持ちは?まだ愛してるんだろう」涙を流すだけのウナに「こっちから捨ててやる」とウジン。そうウナにはアンドレアしか見えてないのよ、だからもう捨ててやって下さい。

アンドレアの心の病は治っていました、赤ちゃんを抱っこ出来たのです。シスターエステルにイタリアに逃げていたと告白します。ネックレスを返してもらいます。

ウジン母のセッティングでウジンとウナが同席しますが、険悪です、「アンドレアが帰国してよかったな」と言い席を立つウジン

ア「ウジンに対するのも愛だろう。」ウナ「あなたを愛するのは罪なの?」

ウジン又荒れてます

司祭の叙階を受けてはと言われ、心の病は治ってるのに「まだ準備が出来ていない」と答えるアンドレア。アンドレアも揺れています

心臓移植手術に偶然立ち会う事になった3人というのもえらい偶然で、、、

レントゲン写真を診て「最悪だ」と答えるアンドレア。実はウナ自身の写真です。ウナはアンドレアと最後の思い出でのような1日を過ごします。自転車二人乗り神父の襟のある服を着た人と女性が遊んでるのも不思議ワールドです。

ウジンがウナの部屋へ来て「行くなそばに居てくれ」と涙で訴えてます。ウナも部屋に入れるなんて(なんでそんなことを、、、きっぱり断るべきじゃないですか?)そのなき声を隣の部屋のアンドレアが聞いてます


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 11話、側にいた遠い人 [ラブレター  完]

「あなたの側にいるわ」、「君以外に誰を信じる」と口では言い合ってるウナとウジン、「教会を出て一人暮らしをする」と言うと「そんな必要はない」と強がるウジン。正直に心配でたまらないと言えばいいのに、、、でもキスをされて涙、涙のウナって、、、ウジンにはたまらない態度のウナじゃないですか、、、♪音楽がいい、切なくて、、、♪

ユリ 母と食事するウジン、「ウナと結婚するよ」と

ウナ「ウジン父母のわだかまりがやっと解けてきたので帰国した事は言わないで」アンドレア「分かった、母には会わない」

ユリとウジンが訪ねてくると、ウナとアンドレアが仲良く歩いてきます。ユリと手話で会話するアンドレア、大切なな人に喜んでもらうために勉強したと、、(母ですな)手話で兄さんのプロポーズを見に来たとユリ。でもその場面はなく翌日になってる

引っ越しの話をするけど又却下、「信じてくれてありがとう。」「信じさせてくれてありがとう。」ウナやはり口先だけでウジンの心をもてあそんでるにしか見えない。本心なら直ぐにでも引っ越しすべきよね。

往診について行くウナ自転車に二人乗り、、、韓ドラお決まりの雨、雨宿り、、、心の病気が治らないでいるほうがどんな辛い事があっても悲しまなくてすむわね、その方が神父にならないでいれるしと意味ありげな事を言うウナ。3年か5年延びるほうが、、、って自分の死までの年月。

ウジンが又ウナに会いに来て、、、待ってる時にネックレスの秘密を聞いてしまったウジン。そして二人仲良く濡れながら帰って来るのに、ご対面。

ウナは濡れたままウジン宅に行きます、そこで濡れた服のままいるウナにウジンのガウンを勧めるユリも変、そしてそれを肩にかけてるのも、、、風邪ひきますよ。でもそのポッケにあるあの手紙を見つけるためには仕方ないか、、、


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ラブレター 10話 再会 [ラブレター  完]

ウナは孤児院で暮らしています、神父姿のアンドレアが前に!、叙階式が延期になっていてまだ司祭にはなっていないようです。心の病で涙がでない、でもその事を受け入れる事にしたアンドレアです。

ウナに「結婚したと思っていた」と、アンドレアとウジンとは文通をしていたので二人は分かり合えてたと言うのです。「うまくいってるのか?」「、病気とかは?」と聞かれますが、何も言わないウナ、、、実は、、、って言えばいいのに、、、

ユリにちょっかい出してたバンドマンは同じ孤児院出身みたい。

ウナはアンドレアとの再会でかなり動揺して早退きします、ウジンにアンドレアの事を言うチャンスを逃してしまいます。

シスターエステルっていう美人のシスターが、イタリアで出会ってたようです、孤児院で手品をするので来てました。、ウナの前で手品を、そこであのネックレスがシスターエステルの大事なものになっていて、、、ウナショック!でも自分の胸にはウジンからもらったネックレスがあるのよね、

アンドレアはウナに自分が心の病気だと告白します。ウナは薬の手だったらと涙です。「何故手紙の返事をくれなかった?」とウナは見てないので???そこへ早退けしたウナを心配して苺を買って持ってきたウジンが!

手紙の事があるのでぎこちない再会です。迷ってウジンの横に座ったウナの手を握ろうとするのを手を引っ込めたウナ、

ウジン「結婚するよ。婚姻のミサを」、

ウナ「ダメよ、まだ出来ない」。

ア「まだ助祭だから」と。ウナのまだ出来ないは結婚の意味で答えたみたいだけど。アンドレアはさっと何かを感じて答えたのか、思いきりカンチガイか?

手紙の件で、ウジンは「何書いたんだ?」ってとぼけて聞いてる。アンドレアはそのウジンを見て悲しい目をして「たわいない話だ、たいした事書いてない」と答えるのです。ああーーー辛い

アンドレアと二人になって

ウ「何か言うことはないか?」

ア「ウナが読んでないのはたまたまか?二人には幸せになって欲しい、昔の事は全て忘れた、」と、

ウ「盗んだ、今も持ってる」と、告白します。

「捨てろ、楽になれ」というアンドレアって、ああーーーどう!この精神力。

ウジンはアンドレアの前では迷える子羊です


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - ラブレター  完 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。